子供とお出かけ[オデッソ]

スポンサーリンク

新着情報一覧検索地図検索ジャンル検索特集記事イベント

子供用の”お出かけスタンプ帳”をつくろう!

子供用スタンプ帳のタイトル

スタンプ用ノートとボールペン

見出しアイコンスタンプって意外と多い!

気にしないと、目に入らないものですが、気にして探してみると、スタンプって色々なところにあるものです。定番は、高速道路のサービスエリアや、道の駅、観光地の駅構内など。テーマパーク・遊園地や動物園などにも必ずといっていいほどスタンプは用意されています。お出かけするときはスタンプ帳ノートを、かばんやリュックに入れて持ち歩いてみましょう。今までのお出かけとは別の楽しみ方ができると思います。

スタンプ帳の準備

見出しアイコンスタンプ帳を選ぼう

まずはスタンプ帳に使うノートを選びましょう。1ページに1つのスタンプを押したい場合は、経験上、A6サイズ(105 × 148 ミリ)が一番ちょうどいいと思います。できれば、子供がいつも持ち歩きたくなるようなデザインのものを選んでみましょう。

note1
ノート1
note2

ノート2
note3

ノート3
note4
ノート4
note5
ノート5

見出しアイコンスタンプ帳に名前を書いて

スタンプ帳には名前を書いておきましょう。「お出かけスタンプ帳」、「○○のスタンプ帳」(○○:名前)など。また、スタンプ帳単体でも持ち歩きやすいように、紐をつけてあげるのも良いかもしれません。

表紙に名前を書く

スタンプと一緒に、日にちやちょっとしたメモを残せるように、鉛筆やシャーペンもセットで用意しておくことをおススメします。あとで見たときも楽しい思い出が浮かびますよ。

スタンプ帳付属のペン

スタンプを押す

見出しアイコンさっそくお出かけ先で押してみよう!

一番確率が高くお手頃なのは、高速道路のサービスエリア。車から降りて休憩するときは、大事なスタンプ帳を忘れずに。写真は、東北自動車道路のサービスエリアのものです。

スタンプ見本1(矢板北SA)

テーマパークや遊園地だけでなく、こんなところに?というところにスタンプがあったりします。できるだけスタンプ帳を持ち歩くようにしてみましょう。たとえば、子供向けの映画を上映している映画館に記念スタンプがあったり(写真)。

スタンプ見本3(映画館のスタンプ)

万一、スタンプ帳を忘れてしまった場合でも、別の紙に押しておいて、後でスタンプ帳にのり付けしてあげましょう。親切なところは、スタンプ用の台紙を置いてくれている場合もあります。

スタンプ見本2(別の紙に押下)

スタンプだけでなく、スタンプを押した日付や、お出かけでゲットしたシールやチケット、なども一緒に貼っておくと、あとで見て楽しいですよ。

スタンプ見本4(シールも貼る)

隠れたヒントを見つけよう

今回は、お出かけスタンプ帳をご紹介しましたが、ちょっとした工夫で、普段のお出かけがグッと楽しくなるものです。何気ないことでも子供目線で見てみると、お出かけが楽しくなるようなヒントが見つかるかもしれませんよ。