子供とお出かけ[オデッソ]

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加
メールで送る

現地調査済み

関東近郊子供におすすめのお出かけスポット

矢切の渡しと帝釈天参道食べ歩き

歴史(古民家・古墳など)東京都

施設の概要手こぎの渡し舟と、参道食べ歩きが楽しいお散歩プラン

  • フォトギャラリー
  • 口コミ
  • 施設詳細情報
  • 地図情報(アクセス情報)
  • お出かけ天気予報
  • 関連イベント
  • 周辺の飲食店情報
  • 周辺の宿泊施設情報
  • 周辺のスポット情報

矢切の渡しと帝釈天参道食べ歩きに対する親子評価点(子供の点数と親の点数)

3.8

興奮度   子供の興奮度レベル:4

達成感   子供の達成感レベル:3

のびのび度 子供の のびのび度レベル:4

学習度   子供の学習度レベル:3

大人満足度 親の満足度レベル:5

矢切の渡しと帝釈天参道食べ歩きの子供向けポイント

矢切の渡しと帝釈天参道食べ歩きの見どころ

矢切の渡し、柴又公園、帝釈天、帝釈天参道

駐車場無料芝生広場

このスポットの滞在時間:半日から1日遊べる

矢切の渡しと帝釈天参道食べ歩きの推奨年齢について

乳児は非推奨乳児(0・1・2才)

幼児は推奨幼児(3・4・5才)

小学生は推奨小学生

中学・高校生は推奨中学・高校生

大人は推奨大人

矢切の渡しと食べ歩きでのんびりお散歩矢切の渡しと食べ歩きでのんびりお散歩

千葉県と東京都の県境の江戸川を渡る「矢切の渡し」と、柴又にある帝釈天参道の食べ歩きをご紹介します。

今回は、千葉県側にある矢切の渡し専用無料駐車場から出発し、矢切の渡しで江戸川を渡った後、帝釈天参道で食べ歩きをしてもと来た道を戻るコースをご紹介。食べ歩きでは、映画「男はつらいよ」の寅さんの実家として有名な「とらや」も登場しますよ。

もし電車で訪れるなら、京成金町線の「柴又駅」で降りて、帝釈天参道で食べ歩き→矢切の渡しという、逆からのルートがオススメです。

のんびりと舟に揺られ、食べ歩きしながらお散歩をし、途中の柴又公園では親子でのびのび遊べてしまう、半日から1日かけてのんびりお出かけしたいスポットです。子どもだけでなく、大人も楽しめるお出かけコースになっています。

帝釈天参道食べ歩きのように、食べ歩きが楽しめるお出かけスポットとしては、他にも浅草寺散歩や、蔵づくりエリアと菓子屋横丁八食センターなどがオススメです。

無料駐車場を利用するのがお得無料駐車場を利用するのがお得

こちらは、矢切の渡し専用の無料駐車場です。砂利で敷き詰められた駐車場です。矢切の渡し専用の駐車場はこちらの千葉県松戸市側にだけあります。土手沿いの道を江戸川下流方向へ向かい、左手になります。

約20台ほど駐車可能ですが、駐車スペースが線で明確に区切られているわけではないので、間隔を空けすぎて駐車したりすると、20台は停められないかもしれません。

混雑時期は満車になることがありますが、この周囲は畑ばかりでコインパーキングはないので、川の反対側へ渡ったところにある柴又公園の駐車場を利用するのが良いと思います。ただし、柴又公園の駐車場は普通車1回につき500円の利用料がかかりますのでご注意ください。

なお、柴又公園へは、土手沿いを上流方向へ向かい、国道6号線の新葛飾橋を渡って、川の反対側の土手沿いを進むと着きます。

午前中の早い時間帯でしたら矢切の渡し専用の無料駐車場は比較的空いていますので、早めのお出かけをオススメします。

桟橋でのんびりと舟を待ちましょう桟橋でのんびりと舟を待ちましょう

矢切の渡し専用駐車場から土手を超えて、歩いて5分ぐらいのところに矢切の渡しの乗船場があります。

写真のように、木で組まれたシンプルな桟橋から舟に乗ります。

矢切の渡しには、時刻表などは一切ありません。一艘の舟が両側の桟橋を行ったり来たりを繰り返しているだけですので、それに合わせて乗船します。

料金は前払いですが、乗船するときに船頭さんに手渡しで支払います。

こちらの桟橋は木陰が多く、ベンチもいくつかありますので、涼しく座って待つことができます。ただし、混雑している時は桟橋の乗船列に並んでおかないと、乗船するときに定員オーバーでまたその次の舟を待たないと行けなくなりますのでご注意ください。

また、こちらの桟橋付近には子どもが飽きないように、お手製の遊具も1つだけ設置されています。待ち時間を利用して遊んでいる子どもの姿もよくみられます。

次の舟が来るまでの待ち時間は最大でも10〜15分ほどですので、のんびりと待ってみてくださいね。

桟橋には売店もありますよ桟橋には売店もありますよ

また、こちらの桟橋には、写真のような売店もオープンしています。

シャボン玉やスーパーボール、コマなどの子どものおもちゃや、お菓子、ラムネ・ジュースなどの飲み物、パン、フランクフルトソーセージなどが売られています。

舟が来るまでの休憩のおともに助かりますね。

ゆりかごのように静かに船行しますゆりかごのように静かに船行します

さあ、ようやく乗船です。木で作られた昔ながらの舟に最大定員30名が乗り込みます。舟の上は不安定ですので、小さい子どもの場合は、ママ・パパと手をつないで乗り込むようにしてください。

舟の先には船頭さんが一人。櫂(かい)をうまく操作して舟を漕いでいます。舟の上では船頭さんによる説明はありませんのでご注意ください(音楽も流れません)。

向こう岸の桟橋までの乗船時間はおよそ5分ほど。天候にもよりますが、水面は比較的穏やかですので、ゆらりゆらりとゆりかごのように静かにゆっくりと進んでいきます。

ただし、風が強い時や、川の流れが速い時は、櫂(かい)を使わずに、モーターで船行する場合があります。

川の流れが穏やかな時は、ちょっと水面をのぞいて見ると、魚が泳いでいるのが見えるかもしれません。あまり顔を出すと危ないので気をつけてくださいね。

ちなみに矢切の渡しのような渡し船は、江戸時代には利根川水系だけでも15箇所ほどあったそうですが、現在はここ矢切の渡しの1箇所のみとなってしまいました。

当時は、農民用の移動手段として使われていましたが、明治時代になってからは、お散歩コースとして地元の人々や観光客に愛されてきました。

芝生広場でのびのび遊ぼう芝生広場でのびのび遊ぼう

対岸の桟橋付近は、柴又公園となっていて、周囲は芝生広場が続いています。

まずはここで、子どもとのびのびと遊んでから帝釈天へ向かってもいいですし、この場所は帰りにまた通りますので、食べ歩きやお散歩が終わってから、思いっきり遊ぶのもいいかもしれません。

特に子どもが遊べる遊具等はありませんので、芝生の上でボール遊びや、かけっこをしてのびのび遊びましょう。

帝釈天の彫刻は圧巻帝釈天の彫刻は圧巻

矢切の渡しの桟橋から柴又公園を通り抜けて約5分ほど歩くと、帝釈天に着きます。

帝釈天の敷地内は無料で参拝・見学することができますが、邃渓園および彫刻ギャラリーを見学するには、拝観料(大人400円、子供200円)がかかります。

帝釈天の彫刻は、細部までとっても細かく彫られているとっても見事な作品なんです。思わず見入ってしまいます。

お寺の入り口付近には、お手洗いがありますので、特に子どもの場合は、食べ歩きをする前にここで用を済ませておくのが良いかもしれませんね。

お店をまわって食べ比べも楽しいお店をまわって食べ比べも楽しい

帝釈天から柴又駅方面へ続く参道では、昔ながらの様々な店が軒を連ねています。参道の長さはおよそ200メートルほど。

お団子や、おせんべい、おまんじゅうなど、1個から販売していますので、お店をまわって食べ比べしてみるのも面白いかもしれませんね。

また、柴又の名物の「うなぎ」や「手打ちそば」のお店も多くあり、どこも雰囲気の良い昔ながらのお店ですので、お昼ご飯に立ち寄るのもいいかもしれません。

参道入口・出口付近には、出店も何軒かあり、かき氷や、たい焼き、タピオカジュース、子どものおもちゃなども売られています。

名物「草だんご」が美味しい名物「草だんご」が美味しい

帝釈天参道の中にあり、やや柴又駅よりにあるのが、こちらの「とらや」です。

映画「男はつらいよ」の寅さんの実家で使われていたことでも有名なんです。

こちらの名物は、「草だんご」。甘さを控えた自家製あんこに、よもぎの香りが程よく、コシのある草だんごが人気です。

また、土日祝限定で、「焼草だんご」も販売しています。こちらは、草だんごを焼いて、その上から刻んだ海苔を散らした一品です。

どちらも1本から販売していて食べ歩きできますので、立ち寄ってみてはいかがでしょうか。店内で食事をすることもできます。

帝釈天参道を抜けると、寅さんの銅像がある京成金町線「柴又駅」にでます。こちらでUターンして、もと来たルートを戻ることになります。

口コミ情報口コミ

口コミキャンペーン中
  • 口コミ情報はありません。

お出かけにピッタリの季節は?子供と矢切の渡しと帝釈天参道食べ歩きへお出かけするのにピッタリの季節は?

はる

おすすめレベル:2

おすすめレベル:2

なつ

おすすめレベル:3

おすすめレベル:3

あき

おすすめレベル:2

おすすめレベル:2

ふゆ

おすすめレベル:0

おすすめレベル:0

夏の時期、子供とお出かけするのにオススメなのが、この矢切の渡しと帝釈天参道食べ歩き。夏の暑い時期に特にオススメです。夏休みに家族でお出かけするのが人気。このページの下部にあるお「お出かけ天気」に向こう一週間の天気予報を掲載していますので、子供とお出かけの参考にしてくださいね。

矢切の渡しと帝釈天参道食べ歩きの施設詳細情報施設詳細    ※最新データは公式ホームページでご確認ください。

施設名 矢切の渡しと帝釈天参道食べ歩き
読み方 やぎりのわたしとたいしゃくてんさんどうたべあるき
ジャンル 歴史(古民家・古墳など)
サブカテゴリ お土産ショップ、お寺、お花見、レストラン、散策、桜の名所、芝生広場、茶屋、試食、食べ歩き、食事、食堂
都道府県 東京都 [関東地方]
標高 3 メートル
※標高の目安 ▼

(参考)
東京湾の平均海面:0 メートル
八王子駅:110メートル
奥多摩湖:530 メートル
箱根芦ノ湖:723 メートル
軽井沢駅:940 メートル
山中湖:982 メートル
長野県のJR野辺山駅:1,345 メートル

営業時間 <矢切の渡し>
10:00 ~ 16:00
定休日 <矢切の渡し>
3月中旬~11月:無休
12月~3月上旬:月〜金は運休(1/1~7、帝釈天縁日は運航)
料金 中学生以上:200円
小人(4歳~小学生):100円
駐車料金 無料

※千葉県側に無料駐車場あり
住所 〒125-0052 東京都葛飾区柴又7-10-3
電話番号 047-363-9357(矢切の渡し事務所)
公式ホームページ https://www.matsudo-kankou.jp/yakirinowatashi/
アクセス <電車>
JR常磐線・新京成線「松戸駅」からバスで約18分

<車>
外環自動車道「松戸IC」から約5分
首都高速6号「加平出口」から矢切の渡し無料駐車場まで約16分
最寄のバス停
  • 柴又帝釈天(徒歩16分)
  • 柴又六(徒歩16分)
  • 柴又小(徒歩18分)
周辺飲食店 矢切の渡しと帝釈天参道食べ歩き 周辺の子連れOKな飲食店周辺の子連れOKな飲食店情報はこちら
周辺宿泊施設 矢切の渡しと帝釈天参道食べ歩き 周辺のおすすめ宿泊施設周辺の宿泊施設情報はこちら
ベビーカーの利用について 渡し舟はベビーカーの利用は不可。帝釈天参道はベビーカーの利用は可能。
誕生日特典 特になし。
その他

矢切の渡しと帝釈天参道食べ歩きの地図データ矢切の渡しと帝釈天参道食べ歩きへのアクセス

東京都23区の週間お出かけ天気予報「東京都23区」の週間お出かけ天気予報

9/20
曇り
27℃/18℃
9/21
曇時々雨
22℃/20℃
9/22
雨
24℃/18℃
9/23
曇時々雨
29℃/21℃
9/24
曇時々晴
30℃/22℃
9/25
晴時々曇
30℃/19℃
9/26
曇時々晴
28℃/19℃
9/27
曇時々晴
27℃/19℃
9月20日 17時更新

矢切の渡しと帝釈天参道食べ歩き 周辺の子連れOKな飲食店「矢切の渡しと帝釈天参道食べ歩き」周辺の子連れOKな飲食店

※周辺の子連れOKな飲食店について ▼

周辺の子連れOKな飲食店では、矢切の渡しと帝釈天参道食べ歩きを中心として半径3キロ圏内にある飲食店のうち、子連れでの来店を歓迎している店舗を表示しています。表示順序については、直線距離で近い順となります。

※各飲食店の詳細情報の説明:

  • 「駐車場」情報: 当該飲食店の駐車場に関する情報を表示しています。
  • 「最寄り駅」情報: 当該飲食店から最も近い距離にある駅名を表示しています。

矢切の渡しと帝釈天参道食べ歩き 周辺のおすすめ宿泊施設「矢切の渡しと帝釈天参道食べ歩き」周辺のおすすめ宿泊施設

※周辺のおすすめ宿泊施設について ▼

周辺のおすすめ宿泊施設では、矢切の渡しと帝釈天参道食べ歩きを中心として半径3キロ圏内にある宿泊情報を表示しています。表示順序については、直線距離で近い順となります。

※各宿泊施設の詳細情報の説明:

  • 「駐車場」情報: 当該宿泊施設の駐車場に関する情報を表示しています。
  • 「口コミ」情報: 当該宿泊施設を実際に利用した方による口コミ情報(意見、感想)のうち、最新の1件目を表示しています。
  • 「最寄り駅」情報: 当該宿泊施設から最も近い距離にある駅名を表示しています。
  • 「評価」情報: 宿泊者が記入した「お客さまアンケート」をもとに、過去1年間のお客様満足度の平均点を記載しています。評価基準としては、5点:大変満足、4点:満足、3点:普通、2点:やや不満、1点:不満として集計しています。一定のアンケート回答数に達していないものについては、評価は表示されません。

矢切の渡しと帝釈天参道食べ歩きの子供が楽しい関連イベント矢切の渡しと帝釈天参道食べ歩きの子供が楽しい関連イベント

情報がありません

最近チェックした子供とお出かけスポット最近チェックした子供とお出かけスポット

情報がありません

矢切の渡しと帝釈天参道食べ歩きを見た人は、他にもこんな子供とお出かけ情報を見ていますこのスポットを見た人は、他にもこんな子供とお出かけ情報を見ています

スポンサーリンク

ページトップへ戻る